So-net無料ブログ作成
検索選択

『日本ショートショート出版史~星新一と、その時代~』

 いろいろありまして、『日本ショートショート出版史~星新一と、その時代~』という本を自費出版(オンデマンド出版)しました。
日本ショートショート出版史.jpg 背.jpg
 拙ブログの読者には説明不要かもしれませんね。2015年2月に初稿を脱稿(→この記事)。現在、〈ハードSF研究所〉の会誌「Hard SF Laboratory」に連載している「日本ショートショート出版史・覚え書き」に加筆修正したものです。連載はまだ終わってなくて、次号(8月発行予定)が最終回なんですけどね(苦笑)。
 ともあれ、「はじめに」を読んでいただきましょう。

 わが国におけるショートショートの歴史は星新一に始まる。もちろん、それまでにもショートショートと言ってもいい小説は書かれ、そういった作品を書く作家はいた。しかしそれらはショートショートとして認識されていなかった。
 本稿は星新一がデビューした1957年を起点に、日本ショートショートの歴史を編年体で――その年の出来事と出版物を中心にして綴ったものである(それ以前の出版物についても、必要に応じて取り上げている)。詳細な記述は星新一が歿した1997年までとし、以降は簡略に記すにとどめたが、基本的な流れは押さえたつもりだ。―中略―
 今年は2017年。星新一のデビューを日本におけるショートショートの誕生と考えるならば、今年で60年――すなわちショートショートは還暦を迎えることになる。この機会に、星新一とともに生まれ成長したショートショートとその時代を眺めることは、決して無駄ではないだろう。
 いざ、60年前にタイムスリップ!

 とまあ、このような内容です。15年ほど前から、こういう本を作りたいなあと思って、準備してきました。陽の目を見せるなら、今年をおいてはない、と。
 古くからのファンには懐かしさ爆発、若いファンには目から鱗の連続。書影をふんだんに掲載しましたので、それを眺めているだけでも楽しめると思います。よろしければ、ぜひ。
 B6判/300ページ/オールカラー/頒価:3000円
 ご注文は以下のボタンより。


 私はいま、心地よい満足感に浸っています。本書が好評をもって迎えられたら、幸せ感に包まれることでしょう。
 なお、もし万一、商業出版の話などが舞い込んできましたら、オンデマンド販売を中止するかもしれません。どうぞご了承くださいませ。

 そんなこんなで、私も来月、還暦を迎えます。自分自身への最高のプレゼントができました(嬉)。
コメント(22) 

『黒猫』

黒猫.jpg ちょっと出かけたついでに古本屋。原作/エドガー・アラン・ポー、劇画/かどい文雄『黒猫』TOMOコミックス名作ミステリー(78)を見かけ、買いました。このシリーズは、リーズナブルな価格で見かけると、つい買ってしまいます。これで7冊目かな。確か全30冊だったと思うので、ほとんど持っていないに等しいです。
 短編集はできれば手元に置いておきたいと思うのですが、どれが短編集なのかもわからない有り様。もうちょっと集まったら、きっちりとチェックすることでしょう。←いいかげんなスタンス(笑)
 この『黒猫』には「黒猫」「赤い死の仮面」「生きている死体」「早すぎた埋葬」が収録されています。4作ともよく知られた作品で、もちろん原作は読んだことがあります。
 マンガもなかなかよかったです。

【追記】
 と書いてから書棚をチェックしたら、8冊目でした。ほんと、いいかげんでありますな。
コメント(0) 

『あなたに似た街』

あなたに似た街.jpg 藤井青銅『あなたに似た街』小学館(15)を買いました。20編収録。
 全体的に長めですが、ぎりぎりショートショート集と言えるでしょうか。
 それにしても、こんな本が出ていたとは知りませんでした。藤井青銅という要チェック作家の本だけに、発行時に気がつかなかったことが悔しいです。
コメント(0) 

ラジオドラマ『ブッツァーティ短編集』

 ここには書いていませんが、のんびりとしたペースでラジオドラマを楽しんでいます。おもに聴いているのはNHK-FM『青春アドベンチャー』で放送されたものです。
 この番組では今年になって、『ちいさなちいさな王様』『闇の守り人』『帝冠の恋』『恋愛映画は選ばない』『つばき、時跳び』『UFOはもう来ない』『青春離婚』『タイムライダーズ』『エイレーネーの瞳 シンドバッド23世の冒険』『きりしたん算用記』『1985年のクラッシュギャルズ』が放送されました。すべて録音していますが、全部を聴くというわけにはいきません。
 聴いたのは、え~と、『闇の守り人』『つばき、時跳び』『UFOはもう来ない』『タイムライダーズ』『エイレーネーの瞳 シンドバッド23世の冒険』の5本ですね。『タイムライダーズ』は3時間45分(15分×15回)、ほかは2時間半(15分×10回)。いずれも長~いです。
七人の使者.jpg 今朝は久しぶりに短編ドラマを聴きました。新しい放送ではなくて40年以上も前――1976年にFM東京系列のラジオ番組『音の本棚』で放送された『ブッツァーティ短編集』です。短編集『七人の使者』河出書房新社(74)から、「七階」「山崩れ」「マント」「聖者たち」「なにかが起こった」の5編をドラマ化。
 いやあ、ブッツァーティ面白いなあ。長編ドラマもいいけれど、短編ドラマもいいなあ。
『音の本棚』で放送されたラジオドラマでは、ほかにリチャード・マシスン、アンブローズ・ビアス、P・K・ディックなどもあります。なるべく早く聴きたいものです。
『青春アドベンチャー』では来週から『ツングース特命隊』が開始されます。来月には『ブラジルから来た少年』の再放送もあるそうで、こちらも楽しみです。
コメント(2) 

「ビッグマガジン」

 ツイッター・サーフィンしていて――
ツイッター.jpg
 あ、「ビッグマガジン」だ(左上)。うちにも何冊かあったよなあ。
 確認したくなって、そのへんをごそごそ。取り出してきました。うちにあるのは、たぶんこれだけと思います。
ビッグマガジン01.jpg ビッグマガジン03.jpg ビッグマガジン04.jpg
ビッグマガジン06.jpg ビッグマガジン07.jpg ビッグマガジン10.jpg
ビッグマガジン12.jpg
 こういうのって、思いついたときに書いておくと、いずれ何かの(あるいは誰かの)役に立つのです。
コメント(0) 

『怖すぎる永井豪』

 永井豪とダイナミックプロ『怖すぎる永井豪』TOKUMA COMICS(12)を読みました。SFとホラーの傑作短編集です。
 冒頭の「ススムちゃん大ショック」は、正直、そんなに好きな作品ではないのですが、最初に読んでから数十年が経っているのに鮮明に覚えています。それだけインパクトの強い作品なのでしょうね。傑作と言われるのもわかります。
 私が過去に読んだことがあるのは、この「ススムちゃん大ショック」と「真夜中の戦士(ミッドナイト・ソルジャー)」、それに「蟲」だけのような気がします。「真夜中の戦士」も読んだのは何十年も前なのに、よく覚えています。
 ほか、「野牛のさすらう国にて」はロバート・ブロック原作、「シャルケン画伯」はレ・ファニュ原作。へえ、こんな作品もあったんですねえ。なんだか得した気分です。
 だいぶ前に読んだ『切れた糸~永井豪自選作品集~』角川ホラー文庫(01)も傑作揃いでしたが、『怖すぎる永井豪』もそれに比肩するくらい面白かったです。ちなみに、「ススムちゃん大ショック」は両書に収録されています。
怖すぎる永井豪.jpg 切れた糸.jpg
コメント(0) 

『新影狩り』続き

 今年2月の記事『新影狩り』で――
> 残念ながら、単行本はこの2冊しか出ていない様子(打ち切り?)ですが、コンビニコミックが4冊発行されています。こちらもいずれは読みたいと思います。
 と書きました。
 本日決行。
『新影狩り 壮烈十兵衛』SP WIDE Pocket(13)
『新影狩り 豪放日光』SP WIDE Pocket(14)
『新影狩り 烈風月光』SP WIDE Pocket(14)
『新影狩り 決戦の江戸城』SP WIDE Pocket(15)
 いずれも原作:さいとう・たかを、画:岡村賢二。
01壮烈十兵衛.jpg02豪放日光.jpg03烈風月光.jpg04決戦の江戸城.jpg
 2月に読んだSPコミックス版(全2巻)と何編かダブっていますが、ちゃんと覚えていないので(苦笑)、さして問題はありません。楽しく読むことができました。
 これでマンガの『影狩り』は制覇できたのかな。残るは映画やTVドラマ版の『影狩り』ですか(→この記事参照)。観たいけれど、難しそうです。
コメント(0) 

『ブラック・ホールにのまれて』

ブラック・ホールにのまれて.jpg 宮本宗明『ブラック・ホールにのまれて』牧歌舎(17)を買いました。お馴染み北原尚彦さんから、「こんなん出てまっせ。自費出版でっせ」と教えてもらった本です。
 宮本宗明! いやあ、懐かしい名前ですねえ。「奇想天外」誌で何度かご一緒させてもらったと思います。
 宮本さんのほうが年齢もデビューも少し先輩ですが、同じ時期に「奇想天外」に作品を発表していた新人SF作家仲間! もちろん気になる存在でした。
 当然、この本も欲しいけれど、自費出版ということで、そのへんの書店で買うのは難しそうです。ネット書店を検索して発注。本日届いた次第です。
 本書には、「奇想天外」に掲載された作品(全13編)のうちから7編が収録されています。最も古くは1976年10月号、新しいのは1981年7月号に掲載。
 本を手に取り、40年前にタイムスリップしております。

【追記】
 宮本宗明さんのブログはこちら

【追記2】
 ふと、私は「奇想天外」に何編掲載してもらったんだろうと思い、数えてみました。
 なんと、13編。宮本さんと同じ数でした。
 半分くらいは単行本未収録みたいな気がするのですが、記憶は曖昧です。
 確認してみました。
「目覚時計」1979年12月号→『うるさい宇宙船』
「うるさい宇宙船」1979年12月号→『うるさい宇宙船』
「快楽の報酬」1980年2月号
「忍耐の報酬」1980年3月号→『うるさい宇宙船』
「沈みゆく人間」1980年5月号
「円盤がやってきて」1980年6月号→『うるさい宇宙船』
「シャドウ効果」1980年8月号→『超能力パニック』
「殴り殴られ」1980年9月号→『うるさい宇宙船』
「道を歩くと」1980年12月号→『うるさい宇宙船』
「大気の魚」1981年1月号
「記憶喪失の男」1981年2月号
「反逆の日」1981年5月号
「一生に一度の一日」1981年8月号
 ということで、13編中6編が単行本未収録でした。悲しくなるくらい忘れておりますな。「反逆の日」や「一生に一度の一日」なんて、おおまかな内容すら思い出せない(苦笑)。
コメント(0) 

駕籠真太郎

 駕籠真太郎、気が向くと買っていて、現在はこんな状態です。
駕籠真太郎.jpg
 買ってすぐに読むときもあれば放置しちゃうときもあり……。しばらく放っておいたら、どれが積ん読なのかわからなくなってしまいました。読んでないのは、おそらく5冊もないと思うのですけれど……。
 なんというか、駕籠真太郎はめちゃ面白いものもあるし、逆に受け付けないものもあります。それだけ強烈だということですね。すさまじいマンガ家であることは確かと思います。
コメント(0) 

ショートショートの論文

 ネット検索をしていて、ショートショートの論文に気がつきました。
 越後茜「日本〈ショート・ショート文学〉研究~〈最小の小説〉による〈最大限の自由〉をめぐって~」
 PDFファイルが公開されていて、全文を読むことができます。
 著者は「平成25年度岩手大学教育学部卒業」とのことで、おそらく若い方ですね。具体的な作家名や作品名がほとんど出てこなくて、その点、物足りませんけれど、この長さでは仕方がないかもしれません。内容云々よりも、ショートショートを論文の対象と考える若い方がいるというのは嬉しいですし、そういったものが論文として認められる時代なんだということも嬉しいです。
 よろしければ、皆さんもお読みくださいませ。
コメント(0) 

「SFハガジン」第64号~68号

 2017年6月。
 日本ショートショート界にとって、そして私個人にとっても記念すべき月なんですよね。
 まずは日本ショートショート界にとって。
 1957年6月、「宇宙塵」第2号が発行されました(奥付では6月15日発行)。この号には星新一「セキストラ」が掲載されています。ご存じと思いますが、この作品が「宝石」同年11月号に転載され、星新一のデビューとなったのです。すなわち今月は、星新一のデビュー作「セキストラ」がこの世に出て、ちょうど60年!
 続いて私にとって。
 何度か書いています(この記事とかこの記事とか)が、私のプレ・デビューは豊田有恒編『日本SFショート&ショート選 ユーモア編』(文化出版局)に収録された「シミリ現象」です。1977年6月20日発行。すなわち今月は、私のプレ・デビューから40年!
 いやいや、なんとめでたいことでありましょうか。個人的に記念企画を考えておりますが、その前に「SFハガジン」で前祝いをします。第64号から68号まで、一気に発行。この5冊で(ザコも取り混ぜ)計33編ものショートショートを掲載しちゃいました。
 第64号は「雨季キリエ作品集」です。冊子にて、11編を掲載。これまで「SFハガジン」にはプロあるいはセミプロ(商業出版物に掲載実績あり)の作品ばかり掲載してきましたが、雨季さんはぴっかぴかの新人です。まあ、編集部推薦新人といったところでしょうか。言うまでもありませんが、ハガジン寄稿陣のなかでは最年少。しかも、群を抜いて(笑)。ご感想をいただけると、本人も編集部も喜びます。よろしくお願いします。
 第65号から68号までは江坂遊さんの作品です。4号連続で同一作者の作品を掲載するのは、私(創刊準備号、創刊寸前号、創刊直前号、創刊号に連続掲載)以来であります。なお、第66、67号はザコレクション。
 ということで、近いうちに発送いたします。どうぞお楽しみに。
コメント(2) 

『モンテ・クリスト伯爵』

 森山絵凪『モンテ・クリスト伯爵』白泉社・JETS COMICS(15)を購入、即読了。もちろん原作はアレクサンドル・デュマです。とにかく私、モンテ・クリスト・フリークですから、マンガだろうとアニメだろうと映画だろうとドラマだろうと、目についたら読んじゃうし観ちゃうのです。
モンテ・クリスト伯爵.jpg あの長大な物語をマンガ本1冊に? 不安でしたが、それは杞憂に終わりました。短いながらもきっちりと、面白さのツボは外していないのですね。
 あとがきに――
>『子供の頃に一番好きだった本は何?』と聞かれ、このモンテ・クリスト伯を即答したところから、このコミカライズは始まりました。
 と書かれています。マンガを読むと、それがよくわかります。私も同類ですから、ほんと、よくわかります。
 モンテ・クリストの世界を満喫しました。
コメント(0) 

いろいろ購入。

◎渡辺浩弐『1999年のゲーム・キッズ(下)』星海社文庫(12)
 上巻は所有。言うまでもありませんが、初刊本(アスペクト)、幻冬舎文庫版も持っています。
◎渡辺浩弐『2999年のゲーム・キッズ(上下)』星海社文庫(13)
 言うまでもありませんが、初刊本(アスペクト)、再刊本(エンターブレイン、講談社)も持っています。→この記事参照
◎レイ・ブラッドベリ『十月の旅人』ハヤカワ文庫SF(16)
 言うまでもありませんが、初刊本(大和書房)、新潮文庫版も持っています。
1999年のゲーム・キッズ(下).jpg 2999年のゲーム・キッズ(上).jpg 2999年のゲーム・キッズ(下).jpg 十月の旅人.jpg
◎川上弘美『パスタマシーンの幽霊』新潮文庫(13)
 言うまでもありませんが、初刊本(新潮社)は持っています。
◎冲方丁『もらい泣き』集英社(12)
 これは先に再刊本(集英社文庫)を買っていたという珍しいケース。→この記事参照。
◎小野俊太郎『大魔神の精神史』角川0neテーマ21(10)
 唯一、読むために買った本です。これだけの本を買って、読むのは1冊というのは……納得はしているものの、無性に虚しくなることがあります。
パスタマシーンの幽霊.jpg もらい泣き.jpg 大魔神の精神史.jpg
コメント(0) 

『すこしふしぎな小松さん』

『すこしふしぎな小松さん』というマンガが少し気になり、近所の書店へ。例によって自力では探すことができず、店員に尋ねました。
「『すこし気になる小松さん』というマンガ、あります? 〈すこし気になる〉はヒラガナ……」と言いかけて、間違いに気づきました。慌てて、「『すこしふしぎな小松さん』です」。
 店員さんは笑いながらも、ちゃかちゃかとパソコンで在庫検索。「1冊あります」とレジまで持ってきてくれました。
◎大井昌和『すこしふしぎな小松さん』白泉社・ヤングアニマルコミックス(17)
すこしふしぎな小松さん.jpg カード.jpg
 この書店用に作られたカードも封入されていて、ラッキー(なのかな?)。
 帰宅して読み始めたら止まらず、最後まで。
 いやいやこれ、元SF少年にはたまらないですね。出てくる作家や作品には40年くらいのギャップがありますが、なんかわかるなあ~、この感覚。
 楽しかったです。
コメント(0) 

『小松左京全集完全版25 全ショートショート集』

小松左京全集完全版25.jpg『小松左京全集完全版25 全ショートショート集』城西国際大学出版会(17)を買いました。全199編収録。え? 199編?
『小松左京ショートショート全集(全5巻)』ハルキ文庫(03)には205編収録。う~~~む。増えてるのを期待していたのになあ。
コメント(2) 

「SFハガジン」第63号

「SFハガジン」第63号を発行しました。「52円切手を使い切っちゃえ。ハガジン、旬刊で出すぞ」企画、これにて終了です。次号からは隔週刊に戻る予定ですが、まあ、いいかげんな編集部ですから、どうなることやら。(次号は久しぶりに冊子にしようと考えています)
 52円切手時代掉尾を飾る今号には拙作を掲載しました。前回(第57号)に続き、またもザコザコしております。ザコといえば江坂遊さんからも何匹か送られてきています。近いうちに。ほかの皆さんもザコがザコザコしてきましたら、お送りくださいませ。
 ということで、近いうちに発送いたします。
コメント(0) 

『影丸と胡蝶 ほか七編』

影丸と胡蝶.jpg 七面倒臭い作業は最終段階の最終局面にはいったところで停滞中です。あ、話の流れ上、七面倒臭い作業と書いていますけれど、七面倒臭かったのは第二段階までで、最終段階はさほどでもありません。まあ、面倒な作業ではありますが。
 さて。
 横山光輝『影丸と胡蝶 ほか七編』講談社漫画文庫(01)を買いました。〈横山光輝時代傑作選〉の1冊。これで講談社漫画文庫の〈横山光輝時代傑作選〉〈横山光輝中国時代傑作選〉は全部揃ったのかな。こんな感じ。
横山光輝時代傑作選.JPG
 ちなみに、横山光輝の文庫が収めてある棚はこんな感じ。
講談社漫画文庫(横山光輝).JPG
 最下段の右半分は横山光輝以外。後列は……(笑)。
コメント(0) 

「雑誌ニュース」

 あまり整理していない雑誌棚を眺めていて、薄っぺらい冊子が挟まっているのに気がつきました。
雑誌ニュース.jpg 取り出してみると、「雑誌ニュース」1983年2月号でした。どうしてこんなものが? と目次を見ましたら、「雑誌と私 ●星新一」とあり、納得です。
 これがなんと、雑誌「ショートショートランド」(この原稿では「ショートショート・ランド」となっていますが)の話なんですよね。季刊から隔月刊になることへの思いやコンテスト入選者への思いが綴られています。いいなあ、このエッセイ。こんな選者に選ばれて、入選者は幸せだよなあ。
 こうして残してるからには読んだはずですが、すっかり忘れていました。これ、単行本には収録されていないような気がするなあ。どうなんだろう。
 また忘れてしまうといけないので、ここにメモしておきます。
コメント(0) 

『はだしのゲン 第二部』

 七面倒臭い作業、継続中。相変わらず本を読んでいません。
 積ん読マンガを退治しようかと、途中まで読んで放置してあるマンガ(いずれも長い)のなかから『はだしのゲン 第二部』を選択。昨年末に第一部を読み、続きが読みたくて、すぐに買いに走った(→この記事)のに、買ったことで満足しちゃったのか、そのまま放置していました。
 現在、第二部の2冊目、真ん中あたり。治安維持法か。う~~む、現在の日本と重なります。
はだしのゲン.jpg
 途中まで読んで放置しているマンガ、こんなのもあります。
日本沈没.jpg
刻刻.jpg
幽麗塔.jpg
『日本沈没』はともかく、『刻刻』や『幽麗塔』は最初から読み返さないとダメだろうなあ。
コメント(0) 

『幻少女』

 ゆえあって、以下の3冊を手に取りました。
◎高橋克彦『幻少女』角川mini文庫(97)
◎高橋克彦『不思議な卵』角川mini文庫(99)
◎高橋克彦『幻少女』角川文庫(02)
幻少女.jpg 不思議な卵.jpg 幻少女(角川文庫).jpg
 角川文庫『幻少女』には、角川mini文庫の2冊に3編を加えて文庫化したもの、とあります。
 角川mini文庫『幻少女』の収録作品数を数えると、11編。角川mini文庫『不思議な卵』には14編。
 ということは角川文庫『幻少女』には11編+14編+3編=28編が収録されているはずです。ところが、実際に数えてみますと、27編しかありません。突き合わせてみて、「悲しみがいっぱい」がカットされていることがわかりました。
 こういうのって、そんなに珍しいことではありません。書誌情報って大切だと思うんですよね。もっと気を配っていただきたいものです。
コメント(0)