So-net無料ブログ作成
検索選択

皆川博子の短編集

 今年の締めくくりに、新刊を買ってきました。
◎風間賢二「NHKカルチャーラジオ 文学の世界 怪奇幻想ミステリーはお好き? その誕生から日本における受容まで」NHK出版(14)
 2014年1月~3月、NHKラジオ第2で放送される番組のテキストです。これは聴かなくちゃ。
◎百田尚樹『幸福な生活』祥伝社文庫(13)
 初刊本(祥伝社/2011年刊→ここ)に1編増補。
◎『一行手帳2014』新潮文庫
 販促本。
 筒井康隆『家族八景』からも引用されています。>尾川くん
 コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』からも引用されています。>北原さん
文学の世界.jpg 幸福な生活.jpg 一行手帳.jpg
◎皆川博子『結ぶ』創元推理文庫(13)
 18編収録。初刊本(文藝春秋/1998年刊)に4編増補とのこと。
◎皆川博子『影を買う店』河出書房新社(13)
 21編収録。〈異形コレクション〉掲載の作品多数。
結ぶ.jpg 影を買う店.jpg
 購入したのは、以上です。
 今日は皆川博子の短編集を2冊も買いました。特に集めているわけではありませんが、皆川博子の短編集(特に幻想系)を見かけて、気が向くと買っています。ほんと、気分で買っていますので、何を持っているかすら定かではなく……(苦笑)。
 書棚を見回し、目についた本を取り出してきました。
◎『祝婚歌』立風書房(77)
◎『愛と髑髏と』光風社出版(85)
◎『たまご猫』中央公論社(91)/ハヤカワ文庫JA(98)
◎『朱鱗の家 絵双紙妖綺譚』角川書店(91)/『うろこの家』角川ホラー文庫(93)
◎『悦楽園』出版芸術社・ふしぎ文学館(94)
◎『ゆめこ縮緬』集英社(98)
◎『皆川博子作品精華 幻妖 幻想小説編』白泉社(01)
祝婚歌.jpg 愛と髑髏と.jpg たまご猫.jpg
たまご猫(文庫).jpg 朱鱗の家.jpg うろこの家.jpg
悦楽園.jpg ゆめこ縮緬.jpg 皆川博子作品精華.jpg
 これで、ほとんど全部と思います。

 ということで――
巫子.jpg 今年一年、ご愛読いただいた皆さま、ありがとうございました。
 よいお年をお迎えください。
 来年もよろしくお願いいたします。

【追記】
 記事をアップして1時間も経たずして、こんな本に気づきました。
◎『巫子』学研M文庫(00)
 ちゃんとリストを作っていない作家の場合、まあ、こんなものです。

【追記2】2015年3月10日
 こんなのもありました。
◎『猫舌男爵』講談社(04)
猫舌男爵.jpg
コメント(3) 

TVドラマ『宇宙人ピピ』

 大昔のTVドラマ『宇宙人ピピ』の第37話、38話を観ました。過日、NHK-BSプレミアムで再放送されたものです。私は現在、衛星放送に不自由な環境にいまして、自力でBSプレミアムの番組を観ることはできません。知人に録画してもらい、ようやく、であります。
 この番組は1965年~66年の放送。私が8歳のときです。番組のターゲットど真ん中だったと思うのですけれど、ここにも書きましたように、記憶はおぼろげなんですよね。もしかしたら、本放送のときには観ていなかったのかもしれません。といって、それが不思議なわけではなく、まあ、「たまたま」でしょう。
 現存しているのは、この2話だけみたいです。きっちりと観るのは今回が初めて。

 うわあ。面白い。本放送のときに観たかったなあ。いま観ても面白いんだから、本放送の当時、8歳の私が観たら、狂喜したに違いありません。
 この録画DVD、永久保存版です。
コメント(2) 

『吸血鬼』などなどなど

 北原尚彦さんから、どっさりと本が届きました。代理購入をお願いしておいた本、お譲りいただいた本など、いろいろです。
◎『吸血鬼―マルセル・シュオッブ作品集―』盛林堂ミステリアス文庫(13)
 この記事参照。
◎『闇の精―フランシス・ウィリアム・ベイン作品集―』盛林堂ミステリアス文庫(13)
◎『ナイト・スケッチ 橫田順彌ショートショート』盛林堂ミステリアス文庫(13)
吸血鬼.jpg 橫田さんファンからの頼まれものです。
 当初、私用も含めて2冊の代理購入をお願いしていたのですが、森下一仁さんが先日、「高井さん、お好きでしょ」と送ってくれまして、1冊はキャンセルしました。私が自家製本を何冊か差し上げたので、そのお礼とのこと。森下さん、ありがとうございます。嬉しいですけれど、申しわけない気持ちのほうが大きいです。私は好きで作り、喜んでくれる方々に差し上げているだけですから、どうぞ、お気づかいなく。
◎『屋根の上の魚―リチャード・ミドルトン作品集―』盛林堂ミステリアス文庫(13)
◎市川純編訳『「最後の人間」文学集』英国ゴシック文庫(13)
 英国ゴシック文庫の3冊目。
闇の精.jpg ナイト・スケッチ.jpg 屋根の上の魚.jpg 「最後の人間」作品集.jpg
◎『古書手帳』東京古書組合・中央線支部(13)
◎島久平『復刻叢書9 女はナメろ、男はバラせ!』私家版(13)
◎島久平『復刻叢書10 春画地獄』私家版(13)
「復刻叢書」の新刊。
古書手帳.jpg 女はナメろ、男はバラせ!.jpg 春画地獄.jpg
◎「SF倶楽部」№2(69)
 その昔、橫田順彌さんが主宰されていたSF同人誌。3号以降は持っていて、これで残るは創刊号だけとなりましたが……。
◎「荒正人展」杉並区西荻図書館
 荒正人展(西荻図書館/2013年10月4日~12月4日)のパンフレット。星新一が荒正人宛てに送った手紙も掲載されていて、「高井さんの分ももらっておきました」。うわー、ありがたい。
SF倶楽部2号.jpg 荒正人展.jpg
ガニメデテイクオーバー.jpg◎フィリップ・K・ディックとレイ・ネルソン『ガニメデ テイクオーバー』タイロス出版(13)
 これはSFファンの友人からの頼まれものです。

 以上、すべて私家版あるいは非売品――要するに、そこらの書店では購入できない本です。
 ありがとうございました!
コメント(2) 

TVドラマ『アルジャーノンに花束を』

 しつこく、今日も『アルジャーノンに花束を』です。
 昨夜から、連続TVドラマの『アルジャーノンに花束を』を観始めました。2002年放送、全11回。放送当時には観ていなくて、今回が初めてです。
 舞台を日本に移し、登場人物も日本人にした翻案ドラマ。おお! 見事な翻案になっているではありませんか。面白い。いや、藤島ハル(原作ではチャーリイ・ゴードン)の言葉を借りれば――すばらしい。
 ここしばらく、うちのテレビは『宇宙大作戦』専用になっていましたが、これから数日は『アルジャーノンに花束を』専用になりそうです。
コメント(0) 

『スペクトルマン』

 引き続き、『アルジャーノンに花束を』の話題です。
 ウィキペディアの当該項目を見ますと――
>1971年にフジテレビで放送された『スペクトルマン』の第48話「ボビーよ怪獣になるな!!」、第49話「悲しき天才怪獣ノーマン」のストーリーは「アルジャーノンに花束を」の翻案である。
 わあ。気になるなあ。
 と、YouTube検索しますと――
 おお、ありました(嬉)。









 さっそく視聴。
 う~~~~~~~~~~~~~む。確かに、怪獣化が始まるまでは、もろに『アルジャーノンに花束を』だけど……。この話、別にアルジャーノンの設定を使わなくてもよかったんじゃないかなあ。
 妙なストレスの溜まるドラマでした。
コメント(0) 

映画『アルジャーノンに花束を』

 というわけで、映画『アルジャーノンに花束を』(2006年)を観ました。

 そうか~。フランス映画だと、チャーリイがシャルルになるのか~。――名前が違うと、ずいぶんイメージが変わりますね。
 映画自体も、アイデアや大まかなストーリーは原作を踏襲しているのですが、ずいぶんイメージが違います。ラブストーリーの要素が強い――強すぎるのがその大きな原因でしょう。
アルジャーノンに花束を(1968).jpg ラブストーリーが苦手な私としては、それだけで大減点なのですが、にもかかわらず面白く、楽しく観られました。スーパー名作はどんな料理をしても面白い。つまりはそういうことなのだと思います。
 シャルル役の俳優(ジュリアン・ボワスリエ)の表情や演技が素晴らしいと感じました。手術(ではなく、この映画では投薬ですが)前後の演じ分け、お見事!
 久しぶりに1968年版を観たくなってきました。幸い、ビデオ(右の画像)を持っておりますので、いつでも観られます。
 あ、そうそう。
 YouTube検索していて、2000年のカナダ版を発見しました。う~~ん、英語が聞き取れたらなあ(悲)。


 以下、アルジャーノン関連本を適当に。
『アルジャーノンに花束を』早川書房・海外SFノヴェルズ(78)
『アルジャーノンに花束を』早川書房(89)*新装改訂版
戯曲 アルジャーノンに花束を』早川書房(92)
アルジャーノンに花束を.jpg アルジャーノンに花束を(改訂版).jpg 戯曲アルジャーノンに花束を.jpg
『心の鏡 ダニエル・キイス傑作集』早川書房(93)*短編版を収録
『ダニエル・キイス読本』早川書房(95)
『アルジャーノン、チャーリイ、そして私』早川書房(00)
心の鏡.jpg ダニエル・キイス読本.jpg アルジャーノン、チャーリー、そして私.jpg
 ほんと、大好きなんです。
コメント(0) 

演劇『アルジャーノンに花束を』

 ダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を』が好きです。大好きです。特に短編版!
 ゆえあって、この作品をネット検索していましたら、おや、演劇が……。
 劇団むさしの座の公演。ネットで全編を観られるようです。

 さっそく観ました。
 やっぱりいいなあ。まさに名作ですよ。こういったものが自宅で好きなときに、しかも無料で観られるなんて、幸せな時代になったものです。
 同じく劇団むさしの座の公演で『猿の手』もアップされているのを発見。これまた大好きな短編です。近いうちに鑑賞しようと思います。


アルジャーノンに花束を(2006).jpg『アルジャーノンに花束を』検索ではもうひとつ、思いもかけない発見がありました。
 この作品の映画化は『まごころをきみに』(1968年)しか知りませんでしたが、あら、2000年にカナダ、2006年にフランスでも映画化されているのですね。
 うわー、どちらも観たいなあ。
 とりあえずフランス版のDVDが売っているのを見かけましたので、注文しました。カナダ版は日本でソフト化されていないのかな。TV映画みたいですから、難しいかも。
 本日、注文したDVDが届きました。今夜か明晩、観ると思います。
コメント(0) 

『SF奇書コレクション』

SF奇書コレクション.jpg SF奇書天外.jpg
 北原尚彦さんから新著『SF奇書コレクション』東京創元社(13)を送っていただきました。ありがとうございます。
『SF奇書天外』東京創元社(07)の姉妹編です。前著では「変な本が好きだなあ」と笑いながらも、うちの書棚を見回すと、採り上げられている本がけっこう目についたりして……(苦笑)。新著でもそれは変わりません。
 変な本、好きだなあ。いやあ、楽しいなあ。
 ぱらぱらと眺めていまして、ふと目にとまった280ページ。
>文庫本サイズ同人誌には、ひとつだけ残念な点がある。それは「○○文庫」という名称が付されていないこと。文庫コレクターにとっては、結構重要なポイントなんです。
 うひゃあ、そうだったのか。
 私は夏以降、どっさりと文庫サイズの冊子を作ってきましたが、1冊たりとも「○○文庫」なんて書いてません。というか、著者名だけで発行者すら書いていないものも多数。
 北原さん、ごめんね。――というか、それなら言ってくれればよかったのに。
 はたと思えば、私の私家版冊子のいくつかは奇書と言えるかもしれないですね。ことに江戸門戸狂人の作品は(笑)。
江戸門戸狂人全作品.jpg
 最後に、余談。
 278ページに『SF奇書外伝』なんて書名が書かれていて……。一瞬、そんな本があるのかと焦っちゃいました(笑)。
 もちろん、『SF奇書天外』の誤植。
コメント(1) 

映画『虹を掴む男』リメイク!

 へえ。映画『虹を掴む男』がリメイクされたのですか。日本では来年3月に公開とのこと。タイトルは『LIFE!』となっています。これが邦題ということなのでしょうか。
 オリジナル(1947年制作)を私が初めて観たのは、だいぶ前にNHK-BSで放映されたときです。原作(小説)とはずいぶん違っていて、私の好みで言えば原作のほうが好きですが、映画も決してつまらなくはなく、けっこう楽しめました。さて、リメイク版は?
 言うまでもないと思いますが、原作はジェイムズ・サーバーのショートショート「虹をつかむ男」(別題「ウォルター・ミティの秘密の生活」)です。
 で、映画リメイクに伴い、来月、異色作家短篇集の『虹をつかむ男』がハヤカワepi文庫で再刊されるとのこと。異色作家短篇集の文庫化なんて、おお、ランジュラン『蝿』以来で、2冊目ではないですか。思えば、このときも映画化(リメイク)に絡んでのものでした。まあ、どんな形であれ、ショートショート作家(!)サーバーが注目を浴びるのは嬉しいですね。

「虹をつかむ男」はまさにサーバーの代表作でして、いろんな邦訳書に収録されています。本棚を見回し、目についた本を取り出してみました。
『虹をつかむ男』早川書房・異色作家短篇集(62)*もちろん、改訂版(76)、新装版(06)にも収録されています。来月にはハヤカワepi文庫に。
『空中ブランコに乗る中年男』講談社(74)/講談社文庫(87)
虹をつかむ男.jpg 空中ブランコに乗る中年男.jpg 空中ブランコに乗る中年男(文庫).jpg
『虹をつかむ男』角川文庫(74)
『ジェイムズ・サーバー傑作選Ⅰ』創土社(78)
『傍迷惑な人々 サーバー短篇集』光文社古典新訳文庫(12)
虹をつかむ男(文庫).jpg ジェイムズ・サーバー傑作選Ⅰ.jpg 傍迷惑な人々.jpg
 アンソロジーにも収録されていて、たとえば――
『37の短篇(傑作短篇集)』早川書房・世界ミステリ全集(73)
『ニューヨーカー短篇集Ⅰ』早川書房(79)
『十夜』ランダムハウス講談社(06)
37の短篇.jpg ニューヨーカー短篇集Ⅰ.jpg 十夜.jpg
 もちろん、ほかにもあると思います。

 オリジナル版の予告編。

コメント(1) 

昨日の続き(古本編)

◎『昔話 そろり そうはち』エール・グラフィック(75)
 ハードカバーの豆本です。
> 春日井市の教育委員会が市内の昔話を蒐録したなかにある〝そろり そうはち〟を編集者の許可を得て すこし手を加え版画にしたものです。
 とのこと。版画・装幀は長江涉。
◎桑田次郎『アンドロイド・ピニ』サン出版・COMIC・PET(80)
 桑田次郎は好きな漫画家の1人です。気が向くと、ひょいっと買います。
◎うめざわしゅん『一匹と九十九匹と①』小学館・ビッグコミックス(11)
 へえ、こんな本が出てたのか。『ユートピアズ』、面白かったなあ。
 こちらは読切オムニバス・シリーズか。読まなきゃ。
そろりそうはち.jpg アンドロイド・ピニ.jpg 一匹と九十九匹と1.jpg
◎緑川聖司『時をこえた怪談 金の本』ポプラポケット文庫(12)
 この〈本の怪談〉シリーズ(全10巻+別巻1)は、古本で見かけると買うことにしています。今回、やっと9冊目。あと2冊です。
◎戸板康二『新ちょっといい話』文藝春秋(80)
 ちょっと前に『ちょっといい話』を買ったなあ……と過去記事を検索しますと、おお、10月4日でしたか。
◎夏樹静子『見知らぬわが子』講談社(71)
『ベッドの中の他人』と同系統の短編集。――と思う(苦笑)。
金の本.jpg 新ちょっといい話.jpg 見知らぬわが子.jpg
コメント(6) 

『5分後に意外な結末①赤い悪夢』ほか

 新刊を買いました。
◎ 穂村弘 『いじわるな天使』アスペクト文庫(13)
『いじわるな天使から聞いた不思議な話』大和書房(94)の改題再刊『いじわるな天使』アスペクト(05)の文庫化。単行本の書影はここに。
◎『5分後に意外な結末①赤い悪夢』学研(13)
 ショートショート・アンソロジー、なのですが……。
>本書には、オリジナル作品のほか、
>日本や世界の小話、都市伝説や、
>名作小説、古典落語などを翻案した作品を収録しています。
>(クレジット表記のないものは、特定の作者が存在しないものです)。
>また、名作小説は、原典を忠実に翻訳したものではなく、
>短い時間に読み切れるようにアレンジを加え、
>翻案した内容になっております。
 とあり、その企画自体は悪くないと思います。しかし!
 収録されている30編すべてに「翻案」と書かれています。つまり、オリジナルは1編もないということですね。この時点で、?となります。さらに、翻案となれば原典を表記するのは当然と思いますが、ほとんどの作品には原典が書かれていなくて、????
「クレジット表記のないものは、特定の作者が存在しないもの」?
 ふむ、なるほど。では、「箱のボタン」も「特定の作者が存在しない」とおっしゃる? これを盗作と言うのです。(タイトルを見た瞬間、ある作品が思い浮かんで、とりあえずこれだけ読んでみたのです。もちろん当たっていましたが、原典は書かれておらず……)
◎桂千穂『カルトムービー 本当に面白い 日本映画1945→1980』メディアックス(13)
 目次をざーっと眺め――
 うわあ、観たことのない映画、いーっぱい。タイトルを聞いたこともない映画も多いなあ。
 全154本のうち、私が観たことのあるのは20本ほどでした。
 この本を参考に、がんがん観たいと思います。
いじわるな天使.jpg 5分後に意外な結末1.jpg カルトムービー.jpg
 古本も買いましたが、『5分後に意外な結末①赤い悪夢』で(精神的に)疲れてしまいましたので、今回はここまで。古本に関しては、またあとで気が向いたら。

【追記】
『5分後に意外な結末①赤い悪夢』の補足として――
 原作が明記されている作品を抜き出し、作者の歿年を添えてみます。
 サキ「開いた窓」1916年歿
 W・W・ジェイコブズ(原作名が抜けていますが、「猿の手」)1943年歿
 A・ビアス「アウル・クリーク橋でのできごと」歿年不詳(1914年ごろ?)
 サキ「アン夫人の沈黙」
 本文にも書きましたが、収録されている30編すべてが翻案とされています。うち原作が明記されているのは上記4編だけです。作者の歿年を見ると、裏が見えてくるような気がします。
 ついでに書いておくと、リチャード・マシスンは今年歿です。

【追記】2014年5月18日
『5分後に意外な結末』の顚末はここにまとめてあります。
コメント(1) 

マンガ『さそり』

 篠原とおる『さそり(全6巻)』小池書店・漫画スーパーワイド(08)を読み終わりました。
さそり.jpg 読み始めたのは、ええ~と、昨年の2月27日ですか。2年近くかかってしまったのですね。あはは。
 このマンガの連載スタートは1970年とのこと。当時、リアルタイムでは読んでなくて、7~8年後、大学生になって、単行本を何冊か断続的かつ適当に読んだくらいです。あのころはSF一辺倒でしたから、それ以外に対しては、極めていいかげんなスタンスだったのですね。
 40年以上も前の作品ですけれど、いま読んでも充分に面白い。う~む、映画を再鑑賞したくなってきたぞ。
コメント(0) 

『ぞくっ!』ほか

 自家製本を2冊、こそっと作りました。
◎江戸門戸狂人『奇蹟を行なう男』
 先月、『江戸門戸狂人ショートショート集』を発行。これにより、江戸門戸狂人で書いた作品の未冊子化は「ピノーキオ」と「奇蹟を行なう男(前篇)」だけとなりました。
 今回の『奇蹟を行なう男』冊子化で、残るは「ピノーキオ」のみです。ここまで来たら、こいつも……。迷っております。
◎高井信『ぞくっ!』
 その昔、星新一ファンクラブ〈エヌ氏の会〉では、会員たちから星新一作品の続編を募集していました。会報「ホシヅル通信」に掲載。
 ふと思い立って、私が書いたもの(全8編)を1冊にまとめてみました。ほとんどは1975年から76年にかけて執筆。うはあ……。
奇蹟を行なう男.jpg ぞくっ!.jpg
 さて。
 今年の夏、手探り状態で自家製本を作り始めました。豆本を作ってみたいという思いからスタートしたものでしたが、だんだんと趣旨が変わり――むかし書いた原稿を整理しておこう、へと。
 豆本の製本には手間がかかりますけれど、文庫サイズの中綴じでしたら一瞬。思いつくたびに作っていたら、とんでもない数になりました(笑)。
 今年も残すところ2週間。年末ということで、在庫をチェックしました。いずれも在庫僅少。まあ、発行部数自体が僅少(6部~10部)ゆえ、発行した瞬間に在庫僅少になるのですが(笑)。
在庫.jpg

ピノーキオ.jpg【追記】12月20日
> 今回の『奇蹟を行なう男』冊子化で、残るは「ピノーキオ」のみです。ここまで来たら、こいつも……。迷っております。

 作っちまいました。あはははは。
 これで江戸門戸狂人、すっからかんです。
 すっきりした気分で、いい正月を迎えられそう(笑)。


【追記2】12月21日
 この記事の効果で、少し在庫が減りました。
 現在、以下のようになっています。
在庫目録.jpg
 発行部数が違うので、在庫の少なさが人気に直結するわけではありません。
 もちろん、取り置きを頼まれている分は確保してあります。頼まれていないけれど、進呈を予定している分も。(発送のタイミングは極めていいかげんなのです)
コメント(18) 

テレビ『相葉マナブ』

 このブログでも何度も書いていますように、私は日本語が大好きで、特に誤用には高い関心を抱いています。新聞のテレビ欄を見て、それっぽい番組に気がつくと、すかさず録画予約。
 ついさっき、そんな番組の一つ――『相葉マナブ』を観ました。
 12月15日午後6時~6時半、メ~テレにて放送。新聞のテレビ欄に「ホント!?間違いだらけの日本語」と紹介されていた番組です。
 へえ、今年10月、国語事典『大辞泉』で「間違った意味で使われる言葉ランキング」が発表されたのですか。
大辞泉.JPG
ランキング.JPG
 ベスト10の前に圏外から――
・27位 爆笑:大勢の人がどっと笑うこと。1人で爆笑はできない。
・20位 割愛する:惜しいと思うものを捨てる。いらないものを捨てるのではない。
・19位 役不足:本人の力量に比べて役目が軽すぎること。
 と軽く助走をつけたところで、ベスト10(上の画像で「?」になっている言葉)の発表&解説です。
・6位 失笑:思わず笑い出す。
・2位 確信犯:信念に基づいて「正しいことだ」と思い込んでする犯罪。
・7位 敷居が高い:相手に不義理などがあって、その人の家に行きにくい。
・1位 ハッカー:コンピューターやインターネットに詳しい人。
 以上。
 あまりに定番すぎて、笑ってしまいます。まあ、これらの誤用が当たり前のように使われている現実を考えると、笑ってもいられませんが(苦笑)。
 この手の番組の常として、出演していた面々(相葉雅紀、カンニング竹山、澤部佑(ハライチ))は「知らなかった」「間違っていた」を連発していました。さて彼らは今後、たとえば「爆笑」をどのように使うのでしょうか。
 そして、番組を観た人たちは……?
コメント(3) 

いただきもの3点

◎ラジオドラマ『梅田地下オデッセイ』CD
 言うまでもなく、原作は堀晃の傑作SFです。先月25日、MBSラジオにて放送されました。
 聴きたかったのですが、うちは残念ながら聴取エリア外。――関西の人たちはいいなあと思っていたら、なんと、原作者ご本人から録音CDをいただいてしまいました。
 ありがとうございます。
 さっそく聴かせていただきました。ラジオドラマとして、かなりよくできているのではないでしょうか。――もっとも、「麺は急げ」とか「いい雑貨屋、居酒屋や」とか、しょーもないダジャレは蛇足かな、と思いますが(笑)。
 書影はハヤカワ文庫JA(81)です。
梅田地下オデッセイ(CD).jpg 梅田地下オデッセイ.jpg ディオ.jpg
◎デーモン・ナイト『ディオ』青心社(82)
 だいぶ前の記事で――
>『星々の轟き』は、これまた懐かしい青心社SFシリーズの1冊です。実に素晴らしい
>――私好みの叢書でした。ハミルトン以外にもR・A・ラファティ『子供たちの午後』(82)、
>ロバート・F・ヤング『ピーナツバター作戦』(83)、ヘンリイ・カットナー『世界はぼくの
>もの』(85)……。
> と書庫で本を手に取っていて、デーモン・ナイト『ディオ』がないことに気がつきました。
>この叢書、短編集だけはすべて買っていたはずなんですが……。
> ショックを受けております。
 と書きました。いつでしたか、山本孝一さんと話していて、青心社SFシリーズのことが話題になったのです。「『ディオ』を探してる」と言ったら、「それなら持ってます。不要ですから、差し上げます」。
 うわあ、ありがとうございます!

◎星製薬株式会社協力商品券
 和田信裕さんからいただきました。星製薬の商品券です。1枚50銭。ご縁があるように、と10枚も!
 昭和3年6月15日ですか。こんなの、存在すら知りませんでした。
 珍しいものをありがとうございます!
星製薬商品券.jpg

 いやもう、SF界の先輩たちには甘えっぱなし、お世話になりっぱなしです。
 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
コメント(0) 

『死人妻』

 今月の初めでしたか、尾川健くんから「式貴士さんの未収録作品集が出ますよ」とお知らせをいただきました。商業出版ではなく、私家版。ちゃんと注文サイト(→ここです)も書き添えられています。
死人妻.jpg うほー。この記事にも書きましたが、私は式貴士さんの大ファンです。
 言うまでもなく、すぐさま注文! 昨日、届きました。
◎式貴士『死人妻(デッド・ワイフ)』虹星人叢書(13)
 まだ読んでいませんが、装幀も本文レイアウトも抜群で、実に素晴らしい本になっています。
 こんなファンを得て、式さんは本当に幸せな作家と思います。
 編集・発行された五所光太郎さん、ありがとうございました。噛みしめるように読みたいと思っています。

 注文から本が届くまでの間に――
【1】式さんのことに思いを馳せつつ、うちにある式さんの著作を並べてみました。
式貴士・著作.jpg
【2】式さんのことに思いを馳せつつ、テレビドラマ「懲役30日」を観ました。『世にも奇妙な物語 秋の特別編』1998年9月25日放送。
 どこにもクレジットされていませんが、どう見ても「カンタン刑」のドラマ化なのです。
世にも奇妙な物語.jpg 懲役30日.jpg
コメント(0) 

『おかしな先祖』

 本日、ブックオフで星新一『おかしな先祖』を見かけました。文庫ではなく、単行本(講談社)です。
 何気なく手に取ったところ――
 あれ? ソフトカバー? この本、ハードカバーじゃなかったっけ? 確か、単行本は1種類しか出てなかったよなあ。カバー画にも見覚えあるし、ハードカバーというのは私の勘違いなのかなあ。
 若いころでしたら記憶力には絶対の自信がありましたが、いまや完全無欠のボケジジイ。自分の記憶が当てにならないことは、思い切り自覚しています。
 私の勘違いと結論し、そのまま棚に戻して帰途に。帰宅したころにはこのことをすっかり忘れていまして、のほほんとブログ記事を書いたのですが、しばらくして、そういえば……と思い出し、うちにある『おかしな先祖』を確認したところ――
 ありゃ、ハードカバーではないですか。ということは、私の勘違いではなかったのですね。私が知らないだけで、『おかしな先祖』にはハードカバーとソフトカバーがあった! うっひゃあ(驚)。これって、よく知られていることなのかしらん。
 こういうときに頼りになるのは星新一コレクターです。
 星新一・未収録作品の調査・収集でもお世話になった和田信裕さんに電話して事情説明。すると驚いたことに、和田さんもソフトカバーなんて知らないとのこと。
 和田さんには「明日にでも確認しに行きます」と話し、電話を切ったのですが――
 あの本、なんだったんだろう。もしかしたらカバーだけが『おかしな先祖』で、中身は別の本だったのかもしれないなあ。そんなにすぐには売れないと思うけど、明日、もし見当たらなかったら、めちゃ後悔するなあ。
 どうしようもなく気になってきて、再出撃。中身も『おかしな先祖』であることを確認し、購入してきました。
 ソフトカバーは昭和50年7月24日発行の第10刷。初版の発行日はハードカバーもソフトカバーも同じで、昭和47年10月20日です。定価はハードカバー(初版)500円、ソフトカバー(10刷)620円。
 以下、書影を掲載します。
 まずは表紙と背。言うまでもありませんが、左がハードカバー、右がソフトカバーです。
表紙.jpg 背.jpg
 続いて本体。
本体.jpg
 ひと回り小さいだけで、デザインそのほか、同じです。

 ということで、情報を求めます。
 皆さんがお持ちの『おかしな先祖』はハードカバーでしょうか、ソフトカバーでしょうか。発行日データとともにお知らせいただければ嬉しいです。
 よろしくお願いいたします。
コメント(2) 

『日本幻想文学事典』ほか

 新刊書店に行ってきました。
◎東雅夫『日本幻想文学事典』ちくま文庫(13)
 メインとなるのは作家事典です。文庫本では、そんなに多くの作家を採録することはできず、どんな基準で線引きするのかな~と思っていました。
特撮ニッポン.jpg おお、なるほど。昭和10年(1935年)以前に生まれた作家限定ですか。これもひとつの見識でしょうが、こうなると『続・日本幻想文学事典』の発行に期待したくなります。
◎「別冊宝島2089 特撮ニッポン」宝島社(13)
 日本の特撮史がコンパクトにまとめられています。マニアには物足りないかもしれませんが、私のようなミーハー特撮ファンにはこれで充分。
日本幻想文学事典.jpg
 ブックオフにも行きました。
◎ジョン・ソール『暗い森の少女』ハヤカワ文庫NV(78)
 これ、面白かったなあ。懐かしくなって、思わず購入。
◎文藝春秋編『アンソロジー人間の情景6 奇妙なはなし』文春文庫(93)
 こんなのをブックオフで見たら、買っちゃいます(苦笑)。(この記事のコメント欄参照)
◎戸田誠二『唄う骨』ぶんか社コミックス(05)
 また戸田誠二を買いました。読むのが、ま~~~~たく追いつきません。
暗い森の少女.jpg 奇妙なはなし.jpg 唄う骨.jpg
◎ダニエル・キイス『タッチ』ダニエル・キイス文庫(10)
 とにかく「アルジャーノンに花束を」(短編版)が大好きですから、ダニエル・キイス文庫も発刊からしばらくの間は嬉々として買っていました。しかし、徐々にいいかげんになり……。実を申せば、『タッチ』が文庫化されていたとは知りませんでした。
タッチ.jpg ダニエル・キイス文庫.jpg
コメント(0) 

TVドラマ『宇宙大作戦』

 この記事に書きましたように、TVドラマ『宇宙大作戦』が好きです。『スタートレック』ではなく『宇宙大作戦』――カーク船長やミスター・スポックのやつ。

 特に理由はないのですが、先日、DVD『ザ・ベスト・オブ 宇宙大作戦』を観ました。TVドラマから4本を選んだベスト版です。
 収録エピソードは――
「危険な過去への旅」
「新種クアドロトリティケール」
「宇宙基地SOS」
「バルカン星人の秘密」
 いや~懐かしい。そして、いま観ても面白い!
 もっともっと観たくなって、全話収録のDVDボックス(計25枚)を買ってしまいました。デジタル・リマスター版なんてのも発売されているようですが、私は画質には無頓着なので、これで充分です。
宇宙大作戦.jpg
 とりあえず昨夜、1枚目を鑑賞(3エピソード収録)。――いいなあ。もちろん、画質にも満足。これが昔のTVドラマですよ(嬉)。
 むか~し、夢中になって観ていたのは確かですが、家庭用録画機器のない時代ゆえ、観ていないエピソードもけっこうあるでしょうし、それに何より、多くは忘れちゃっているはず。
 時間をかけ、ゆったりと観ていこうと思っています。う~~~~ん、楽しみ!

 あ、そうそう。最初のエピソード「惑星M113の吸血獣」を観て、手塚治虫『バンパイヤ』のウェコを思い出しました。こういう話、大好き!

コメント(0) 

『ウルフガイ』

 昨日と一昨日、マンガを大量に買いました。
 どれから読もうか――と迷うこともなく、原作・平井和正/漫画・坂口尚『ウルフガイ(上下)』に決定。
 上巻「狼の紋章」は昔、奇想天外社版で読みましたが、あれからすでに30年以上が経ち、あらかた忘れてします。上巻から順に読みました。(奇想天外社版には下巻の冒頭70ページほどまでが収録されています)
 いやあ、面白い! 2冊、700ページ超を一気読み。やはり大傑作ですね、ウルフガイ。
 原作に夢中になり、新作を心待ちにしていた若き日を思い出しました。
ウルフガイ.jpg ウルフガイ(旧).jpg
 本棚を眺めて――
◎原作・平井和正/画・ケン月影『狼男だよ(全3巻)』講談社・コミックノベルス(84)
◎原作・平井和正/画・ケン月影『狼のバラード』講談社・KCスペシャル(87)
◎作・平井和正/画・かどたひろし『Wolf Guy ウルフガイ(全4巻)』ぶんか社コミックス(96~98)
狼男だよ.jpg
WolfGuy.jpg
コメント(0) 

戸田誠二

 近所のブックオフを散歩してきました。今日も昨日に続いてマンガを購入。
◎道満晴明『ニッケルオデオン【赤】』小学館・IKKI COMIX(12)
◎道満晴明『ニッケルオデオン【緑】』小学館・IKKI COMIX(13)
 昨日買った丸山薫『ストレニュアス・ライフ』と同じく、SFファンの友人に「ショートショートっぽいよ」と勧めてもらった本です。各話は8ページで、それぞれ13編収録。
ニッケルオデオン【赤】.jpg ニッケルオデオン【緑】.jpg
 もう1冊、またも戸田誠二を買いました。これで計8冊となります。これまでに何を買ったか、まとめておくことにします。
『美咲ヶ丘ite 1』小学館・IKKI COMIX(08)
『美咲ヶ丘ite 2』小学館・IKKI COMIX(10)
『スキエンティア』小学館・BIG SPIRITS COMICS SPECIAL(10)
『グリム奇譚』ぶんか社・Bunkasha Comics(12)
美咲ヶ丘ite1.jpg 美咲ヶ丘ite2.jpg スキエンティア.jpg グリム奇譚.jpg
『生きるススメ』宙出版・Next COMICS(03)
『しあわせ』宙出版(04)
『説得ゲーム』宙出版・Next COMICS(06)
『音楽と漫画と人』宙出版・Next COMICS(12)
生きるススメ.jpg しあわせ.jpg 説得ゲーム.jpg 音楽と漫画と人.jpg
 買うばかりで、まだ半分も読んでいません。ま、今さら反省もしませんけれど(笑)。
 今のところ、全部揃えようとは思っていなくて、目についた本が面白そうであれば買う、というスタンスです。
コメント(0) 

久しぶりの古本屋(続)

 昨夜の記事の続きです。
 活字本、もう少し買いましたが、ここに書いても仕方がないような本ばかりなので省略。マンガと行きましょう。
 昨日行った店は、古本屋1軒、ブックオフ3軒。ブックオフのうち2軒はコミック20パーセント引きのセールをしていました。
◎田中圭一『あわひめ先生の教イク的指導♡』ぶんか社(13)
 こんな本が出てたか! 知りませんでした。新刊では見ないでブックオフで見てしまうという、まあ、よくあるパターンです。
◎中川貴賀『ほしにねがいを』講談社・アフタヌーンKC(13)
 ちょっと前、尾川健くんに「冒頭に『きまぐれ暦』からの一節が引用されてるよ~。話中でも星さん訳の『竹取物語』が出てくるよ~」と教えてもらいました。
 近所の書店(書店というより、雑誌屋、コミック屋。店舗面積はやたら広いけどね)を4軒回りましたが、いずれも店内在庫なし。今年6月発行の本なのになあ。マンガの品揃えすら悪いなんて……。結局、最初に見たのはブックオフとなりました。
 え~。主人公が星新一訳『竹取物語』を買うシーン(87ページ)。店主の顔、なんだか星さんに似てるなあ。で、その手には『きまぐれ暦』。
 尾川くん、ありがとうございました。
◎戸田誠二『美咲ヶ丘ite 2』小学館・IKKI COMIX(10)
 前にも書きました(→ここ)ように、ここんところ戸田誠二が気になっています。本書で7冊目。
◎丸山薫『ストレニュアス・ライフ』エンターブレイン・BEAM COMIX(11)
 SFファンの友人に「ショートショートっぽいよ」と教えてもらった本です。24話収録。
あわひめ先生の教イク的指導♡.jpg ほしにねがいを.jpg 美咲ヶ丘ite2.jpg ストレニュアス・ライフ.jpg
◎原作・平井和正/漫画・坂口尚『ウルフガイ 上 狼の紋章』マンガショップ(11)
◎原作・平井和正/漫画・坂口尚『ウルフガイ 下 狼の怨歌』マンガショップ(11)
 うわ! こんな本が出ていたとは!(驚)
 上巻『狼の紋章』は昔、奇想天外社の2冊本(79)で読みました(下の書影、右の2冊)。〈ウルフガイ〉シリーズのマンガ化作品はいろいろ読んでいますが、坂口尚バージョンが一番好き。『狼の怨歌』も読めるとは……。感無量であります。(しかも105円の2割引き!)
 巻末の刊行目録を見ると、『遊星仮面』『海底人8823』『スーパージャイアンツ』『宇宙エース』『怪獣王子』『エムエム三太』……。な、なんじゃ、このラインナップは!
ウルフガイ.jpg ウルフガイ(旧).jpg
◎水島新司『ドカベン①』秋田文庫(94)
◎水島新司『ドカベン②』秋田文庫(94)
 一昨日、鈴木則文監督の映画『ドカベン』を観ました。これを観るのは超久しぶり。あんまり覚えていなくて、こんなに原作に忠実だったのか、と驚いた次第。
 マンガをブックオフで見かけて、読み返したくなりました。といっても、もちろん全巻を読む気はありません。映画で描かれているのは(文庫では)2巻までなので、この2冊だけ購入。
◎原作・梶原一騎/作画・川崎のぼる『巨人の星 すべての始まり!!大リーグボール養成ギプス!』講談社・KPC(09)
◎原作・梶原一騎/作画・川崎のぼる『巨人の星 嗚呼熱闘甲子園!!血と涙の大優勝旗は誰の手に!』講談社・KPC(09)
◎原作・梶原一騎/作画・川崎のぼる『巨人の星 飛雄馬、今こそ夜空に輝く巨人の星をつかみ取れ!』講談社・KPC(09)
 川上哲治さんの訃報を受け、読み返したいなあと思っていたのです。『ドカベン』ほどではないけれど、これまた全巻を読むのはしんどいので、3冊だけ。といっても、こんなに厚いです。
ドカベン.jpg 巨人の星.jpg
コメント(1) 

久しぶりの古本屋

 たま~にしか行かない古本屋、たま~にしか行かないブックオフに行ってきました。どうして行かないかというと、うちから遠い(というか、うちから行くには交通の便が悪い)からです。出かけたのが遅かったせいもあり、帰宅も遅くなりました。
◎植松黎編訳『ポケット・ジョーク㉑夫と妻』角川文庫(90)
 このシリーズ、テンパイしました。(この記事参照)
◎イーデン・フィルポッツ『悪魔の首』学研・中学生痛快文庫(60)
「中学二年コース」昭和35年2月号・第3付録。タイトルを見ただけで面白そうと思い、買ってしまいました。帰宅して解説を読んだら――あ、『闇からの声』でしたか。
◎『岩波少年文庫解説目録』岩波書店(78)
◎早川書房編集部編『ミステリアス・ショーケース』ハヤカワ・ミステリ(12)
ポケット・ジョーク21.jpg 悪魔の首.jpg 岩波少年文庫解説目録.jpg ミステリアス・ショーケース.jpg
 今日はマンガをたくさん買いました。それらも含めて、また明日にでも。
コメント(0) 

TVドラマ『黄金鯱伝説グランスピアー』

 先ほど、ちょっとテレビをつけたら、ミョーなドラマを放送していました。「オソガイ」なんて妖怪が出てくるし、「鯱神さま」なんて言葉も……。
 なんじゃこりゃ。気になって調べてみると――
 へえ、『黄金鯱伝説グランスピアー』ですか。名古屋のご当地ヒーロー・グランスピアーを主人公とした特撮ドラマとのこと。ぜ~んぜん知りませんでした。

 ははは。いいなあ(笑)。
 続けて観るかどうかわからないけれど、来週から録画予約しました。
 ちなみに、「おそがい」は名古屋弁で「恐ろしい」の意味です。
コメント(0) 

「イマジニア」復刊!

 渡辺晋(天瀬裕康)さんから「イマジニア」復刊第8号(2013年12月1日発行)を送っていただきました。
 え? なに? 「イマジニア」復刊!?
 驚かれた方も多いでしょう。私もその1人です。(「イマジニア」をご存じない方は、この記事をご覧ください)
 確かにまあ、「宇宙気流」も復刊されたし、「イマジニア」が復刊されても不思議はないのですが、それにしても……。
 ただノスタルジーに浸るだけではなく、内容がまた素晴らしいんですよね。ともあれ目次をご覧に入れましょう。(画像クリックで拡大表示されます)
イマジニア8.jpg 目次.jpg
 ね。読みたくなるでしょ。たとえば「怪奇の創造―城昌幸と星新一の未発表対談」とか……。これはまあ、最後まで読むと「やられた!」なんですけどね(苦笑)。
 表紙デザインが以前のものを(ほぼ)踏襲しているのも嬉しいです。誌名のロゴも(3号以降と)全く同じですし。
 渡辺さん、ありがとうございました。驚くとともに感動しております。

 以下、うちにある「イマジニア」全冊の書影です。第6号のみ欠。できれば揃えたいとは思いますが、これは至難の業でしょうね。
イマジニア1.jpg イマジニア2.jpg イマジニア3.jpg
イマジニア4.jpg イマジニア5.jpg イマジニア7.jpg

【追記】
 画像だけはあります。>「イマジニア」6号
イマジニア6.jpg
コメント(2) 

『この本読んだ? おぼえてる? 2』

 本日、近所のブックオフにて。
◎あかぎかんこ『この本読んだ? おぼえてる? 2 教科書で習ったお話編』フェリシモ出版(01)
この本読んだ?おぼえてる?2.jpg 子どものころに教科書で読んで、なぜか忘れられない話。しかし、作品名も作者も思い出せない……。
 そんな作品を“こどもの本の探偵”あかぎかんこが探し出します。
 私がこの本を手に取ったのは、もしや? と思ったからです。
 目次を見ますと――おお、ありましたありました。80ページ「珍しいSF作品」として、星新一「おみやげ」、小松左京「宇宙人の宿題」(なぜか漢字)が採り上げられています。
 実際の掲載ページの画像もあり――ほお、こういう誌面構成ですか。
 もちろん作品自体は文庫本などで容易に読めるわけですが、教科書を目にする機会は極めて少ないですから、なんだか嬉しいですね。イラストも見られますし。
おみやげ.jpg 宇宙人の宿題.jpg
 それはいいのですが、「珍しいSF作品」の冒頭に――
>教科書にSFが載ることは滅多にないと思いますが、それはおそらくSFというジャンルに
>短編が少ない、それと多分に批判精神を持っている……からじゃないのかな、と私は
>思っています。
 SFに短編が少ない? ほんと?
 まあ、このとき以来、あかぎかんこ(赤木かん子)の書くことには眉唾なのですが。

 手塚治虫のエッセイ「アニメーションとわたし」(この記事参照)も採り上げられています。へえ、これは書き下ろしだったのですか。
コメント(6) 

『夜鳥』

 モーリス・ルヴェル『夜鳥』春陽堂(28)ゲット!!!!!
 いやあ、長かったですねえ(感涙)。

 ルヴェル初体験は、はっきりは覚えていませんが、おそらく高校生のころに読んだジュール・ヴェルヌ『八十日間世界一周』東京創元社・世界大ロマン全集(57)に併録されていた「モーリス・ルヴェル短編集」(全14編)だろうと思います。
夜鳥(春陽堂).jpg 八十日間世界一周.jpg
 時は流れ、私はショートショートの研究を始めました。その資料としてルヴェルの本も揃えておこうと考えたのですが……。
「別冊宝石32 世界探偵小説全集5 フランス傑作篇」岩谷書店(53/全14編。世界大ロマン全集と同一)は簡単に入手。『ルヴェル傑作集』創土社(70/全25編)はちょっぴり苦労して入手。『夜鳥』創元推理文庫(03/全31編。春陽堂版に1編増補)は新刊で購入。しかし、そのあとは……。
別冊宝石.jpg ルヴェル傑作集.jpg 夜鳥(創元推理文庫).jpg
 インターネット時代、お金さえ出せばすぐに買えるわけですが、読む気もない本(収録作品はすべて、創元推理文庫『夜鳥』で読めます)に1万だの2万だのを出す気にはなれません。気長に待っていれば、いつか買えるだろうと思っていましたところ、ようやく! その「いつか」がやってきました。リーズナブルなお値段で買うことができ、大納得であります。
 あと残るは『青蝿』博文館文庫(39/全29編。春陽堂『夜鳥』から1編割愛)ですが、『夜鳥』以上に入手は難しそうです。まあ、これも読む気はないわけですし、気長に待ちましょう。

【追記】
ブックハンターの冒険.jpg ふと思い出して、牧眞司『ブックハンターの冒険 古本めぐり』学陽書房(00)に収録されている「忘れられた作家、モーリス・ルヴェル」を読み返しました。
『青蝿』は――
>『夜鳥』から二篇をのぞいた文庫化
 と書かれています。ん? 記事本文では1編割愛と書きました。私は実物を持っていないので、ネット検索です。2編? 1編? どっちなんでしょ。
 それにしても牧くん、春陽堂『夜鳥』をずいぶん高く買ったみたいです。私の買値(たぶん9割くらい安い)を聞いたら卒倒するかも(笑)。いやもちろん、創元推理文庫で再刊される前とあとでは価値が全く違いますから、そんな比較は意味がないですが。

【追記】12月3日
 調べてみましたら、2編割愛のようです。>『青蝿』
コメント(2)