So-net無料ブログ作成
検索選択

映画『金曜日の寝室』

 映画『金曜日の寝室』を観ました。1978年の日活作品。いわゆる日活ロマンポルノの1編です。何やら、サキ「開いた窓」が流用されているという話を聞き、これは観なければ、と。
 途中まで、いったいどこが? と首を傾げるばかりでしたが、終盤で、あ、なるほど~となりました。
 このことを教えてくれたのは飯野文彦さんです。教えてもらわなければ、この映画を観ようとは思わなかったでしょう。飯野さん、ありがとね。
 え~。加山麗子とか野平ゆきとか、懐かしかったです。
コメント(5) 

コメント 5

いいのふみ(*^o^*)ひこ

いえいえ、どうもです。ぼくは酔ってみて、憶えていないので(>_<)、もう一度見直してみます(^^;)
by いいのふみ(*^o^*)ひこ (2017-09-16 11:53) 

高井 信

 遊び心で使ってみた、って感じですかね。知らなかったら気づかなかったかも、です。
by 高井 信 (2017-09-16 13:03) 

いいのふみ(*^o^*)ひこ

見直してみましたが……???でしたね(^^;)
by いいのふみ(*^o^*)ひこ (2017-09-16 13:23) 

高井 信

 犬を連れた白い服の女性が2回出てきます。その2回目のシーンです。
by 高井 信 (2017-09-16 13:33) 

いいのふみ(*^o^*)ひこ

あ~、そうでしたか。ぼくは最後、男だけが死に、加山麗子が、自分の部屋で彼を待ち続けている、となるのかと、勝手に推測しながら、見てました(^_^;)

by いいのふみ(*^o^*)ひこ (2017-09-16 15:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。