So-net無料ブログ作成
検索選択

ブルーバックス

 若いころ、ブルーバックスをちょくちょく読んでいましたが、現在、ほとんどはダンボールのなかです。ゆえあって、ブルーバックスの所有本調査。
 とりあえず、これだけ確認しました。
ブルーバックス.jpg
 これですべてではないような気がします。というより、タイトルに「ショートショート」と書かれた本を持っているはずなのに、それがないのは変です。しかしまあ、今回の目的(ある本を持っているか確認したかった)は達成できましたし、完全調査を求めると大事になりますので、またいずれ。

 柘植秀臣『条件反射とはなにか』を買ったときのことはよく覚えているなあ。短編「感情のスイッチ」(「小説推理」1986年3月号)を書くための参考資料でした。
 比較的最近買った本に関しては、何冊かはブログに書いています。
 安富和男『へんな虫はすごい虫』については、この記事に。
 山崎昶『化学トリック=だまされまいぞ!』については、この記事に。
ブルーバックス2.jpg
【追記】
>完全調査を求めると大事になりますので、またいずれ。
 とは書いたものの、やはり「ショートショート」とタイトルにあるブルーバックスが気になるので、調査続行。
 発掘しました!(嬉)
 ブルーバックス、ほかにもどこかにあるかなあ。覚えていません。

 ともあれ、発掘したブルーバックスは一箇所にまとめておくことにします。あ、ショートショートの資料、『化学トリック=だまされまいぞ!』と『パズル・ショートショート』だけはダンボールではなく、書棚に収めようかな。

【追記2】
 石原藤夫さんの本はむさぼるように読みましたねえ。この記事に書いた「“重力列車”徹底研究」や「“重力カタパルト”徹底研究」は石原さんの本の要約に近いものだったような……。
 E・A・アボット『二次元の世界』は超傑作。もしお読みになっていなければ、ぜひ!
 大槻義彦『SF量子論入門』は、なんと小説なのでありますよ(笑)。
コメント(2) 

コメント 2

星マリナ

還暦目前、おめでとうございます!
そしてブルーバックスのさがしもの、ありがとうございました。同時発掘の『パズル・ショートショート』は、パズルのようなショートショートという意味なのでしょうか。おもしろそうです。
by 星マリナ (2017-07-24 09:45) 

高井 信

 ありがとうございます。60歳って、嬉しくはないんですが、せっかくなので(笑)楽しみたいと思っています。
『パズル・ショートショート』は、設問が小説っぽい書き方をされていますけれど、ただのパズル本です。この本は1981年の発行。ショートショートがブームでしたので、小説ではなくても「ショートショート」というタイトルが付けられる本がたくさんありました。いい時代でした。
by 高井 信 (2017-07-24 10:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。