So-net無料ブログ作成
検索選択

古本どっさり

 ゆえあって、昨日行った古本屋へ再出撃。ふだんは通らない経路で帰宅することにしました。通り道にある古本屋2軒、ブックオフ1軒。
 古本をどっさり買いました。
◎皆川博子『トマト・ゲーム』講談社(74)
 5編収録の短編集。パラフィン紙を外すの面倒なので、そのまんまです。
◎「ビックリハウス」1978年8月号
 第6回エンピツ賞が発表されています。入選者のなかに牧野猫の名前が!
 ご本人から入選したことがあるという話は聞いていましたが、詳細不明。ついに現物確認できました(嬉)。本日一番の収穫です!
トマト・ゲーム.jpg ビックリハウス.jpg
◎エドワード・リア『ノンセンスの贈物』思潮社(74)
◎エドワード・リア『ノンセンス・ソング』思潮社(74)
 この2冊を買って、次の店に行ったら――
◎ジョン・ラスキン『黄金の川の王さま』青土社・妖精文庫(99)
 妖精文庫といえば、私は月刊ペン社発行のものしか知りませんでした。へえ、こんな妖精文庫もありましたか。しかも、こちらもまた文庫といいながら四六ハードカバー(笑)。
 全4編を収録したアンソロジーで、そのうちの1人がなんとエドワード・リア! なんだか嬉しくて、買っちゃいました。
ノンセンスの贈物.jpg ノンセンス・ソング.jpg 黄金の川の王さま.jpg
 あ、そうそう。うちにはエドワード・リア『ナンセンスの絵本』はちくま文庫(88)、『完訳 ナンセンスの絵本』岩波文庫(03)があります。それぞれの異同が気になります。
ナンセンスの絵本(ちくま文庫).jpg ナンセンスの絵本(岩波文庫).jpg
◎オフィス21編『必携 ミステリー手帖 日本編』蝸牛社(79)
◎オフィス21編『必携 ミステリー手帖 外国編』蝸牛社(79)
必携 SF手帖』蝸牛社(79)は発行時に買いましたが、この2冊は買いませんでした。なんとなく、揃えておこうかな、と。
必携ミステリー手帖.jpg 必携SF手帖.jpg
◎シンシア・スターノウ&マーティン・H・グリーンバーグ編『ノストラダムス秘録』扶桑社ミステリー(99)
 扶桑社ミステリーの翻訳アンソロジー(背が赤)は見かけると買うようにしています。この本は出ていることに気がつきませんでした。
ノストラダムス秘録.jpg 扶桑社ミステリー.jpg
◎川崎奈月訳・絵『バオバブのお嫁さま マダガスカルのむかしばなし』論創社(11)
 36編収録
◎今江祥智『わらいねこ』理論社名作の愛蔵版(71)
 連作童話、全9編。

バオバブのお嫁さま.jpg わらいねこ.jpg
◎手塚治虫『魔神ガロン』秋田文庫(95)
 なんだか読み返したくなりました。
◎松原秀一『西洋の落語 ファブリオーの世界』東書選書(88)
 持っているような気がするけれど自信が持てず、買うことにしましたが……。帰宅して確認すると、持っていました。失敗。
魔神ガロン.jpg 西洋の落語.jpg
 以上。
 こんなに古本を買うのは久しぶりです。ちなみに、最高値が500円(笑)。

 ちくさ正文館書店にも、ちらと寄りました。昨日の今日ですから、本をチェックすることもなく、店長とあれこれ雑談&相談。
 ブッツァーティ『世紀の地獄めぐり』は昨日から2冊売れ、残りは5冊となりました。いったん品切れになると、再入荷まで少し時間がかかりそうな案配です。ご希望の方はお早めに。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。