So-net無料ブログ作成

『ひゃくぶんのひゃく』

ひゃくぶんのひゃく.jpg 斎藤肇さんが私家版ショートショート集『ひゃくぶんのひゃく』を送ってくれました。2011年に週に5本のペースで20週にわたって書かれたショートショート100本(←ひえええ!)が収録されています。このチャレンジに関しては拙ブログでも紹介しました(→この記事)から、覚えておられる方もいるかも。
 今回お送りいただいたのはテスト版。どのような形でまとめるのか、いま試行錯誤の最中とのことです。『ひゃくぶんのひゃく』でいくのか、選抜して『ひゃくぶんのさんじゅう』とか、そんな形にするのか。
 決まりましたら、拙ブログでも紹介したいと思っています。どうぞお楽しみに。

 私も私家版で単行本未収録ショートショート集を出そうかしらん。とりあえず80年代に雑誌に掲載されただけの作品を1冊にまとめてみようかな。売れる売れない関係なく、そろそろまとめておかないと散逸してしまいます。
コメント(2) 

コメント 2

斎藤肇

 さすがに100作をひとまとめにすると読みにくいのは間違いありません。ですが、凝縮されている、というのも悪くはない気もします。
 とはいえ、こうしてまとめてしまうと、「もういいや」という気分にもなってきます。売って儲かるわけでもなく、感想を聞かせてもらうことも望み薄。現在7冊が存在するのですが、これだけでいいのではないか、という感じになってきました。読者って、そのくらいでおしまいなんじゃないかと。
 まあ、自作を読むのはけっこう好きなので、作ったことは無駄じゃなかった、と思うのですが。
by 斎藤肇 (2016-11-12 10:21) 

高井 信

 斎藤さん、嬉しい本をありがとうございました。
>読者って、そのくらいでおしまいなんじゃないかと。
 それはない! と声を大にして言いたいと思います。
> まあ、自作を読むのはけっこう好きなので、作ったことは無駄じゃなかった、と思うのですが。
 ご本を拝見し、私も作ろうかなという気持ちになっています。昔の作品はテキストもないし、今さら打ち込むのも面倒。掲載誌をスキャンして版下作り。そのまま印刷・製本してもらおうかなと考えたり。
by 高井 信 (2016-11-12 22:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。