So-net無料ブログ作成
検索選択

映画『スタア』



 映画『スタア』を観ました。原作は筒井康隆の戯曲です。
 筒井康隆原作の映像作品はかなり観ていますが、この映画を観るのは初めてです。もちろん原作は読んでいて、面白かった印象が残っています。
 映画は? 期待以上に面白かったです!
 映画を観終わってから、原作――『スタア』書下ろし新潮劇場(73)にざっと目を通しました。
 なるほど、原作に忠実に映画化されているのですね、見事なまでに。
 そういう面も含めて、大満足しました。
スタア.jpg
コメント(7) 

コメント 7

海野久実

「スタア」の舞台を僕は2度見ています。
神戸SF大会と三百人劇場で。

三百人劇場でもらってきた「スタア」のパンフレットと言うか、小冊子を保存してあったはずだと思って探し出してきたので、ブログの記事にしました。
興味があればどうぞ。
http://marinegumi.blog.so-net.ne.jp/2013-09-15
by 海野久実 (2013-09-16 00:35) 

高井 信

 おお、舞台をご覧になっていますか。いいですねえ。
 ブログも拝見。ますます羨ましくなりました。このパンフ、お宝かも。
 尾川健くん、鑑定してくれるかな(笑)。

 あ、そういえば、SHINCONのプログラムブックで、劇『スタア』の紹介をしているのは星新一さんでした。タイトルは「悪夢のような寓話―『スタア』―」です。
by 高井 信 (2013-09-16 08:50) 

雫石鉄也

私、この映画は知りませんでした。
私も、舞台はSHINCONで観ました。SHINCONのフィナーレでしたね。
海野さんもSHINCONにこられてたのですね。
そのSHINCONの実行委員長だった清水宏祐くんは、私の友人だったのですが、数年前に亡くなりました。嬉野泉さんは東日本大震災で亡くなったし、近年、SF関係の友人がポツリポツリと亡くなります。さみしいです。
by 雫石鉄也 (2013-09-16 09:14) 

高井 信

 あ、ご存じなかったですか。レンタルもできますから、機会があればぜひ。
 筒井作品の映画化では、『ウィークエンド・シャッフル』と似たタイプ。面白いですよ~。
by 高井 信 (2013-09-16 10:08) 

山本孝一

私もDVDを観ました。
坂田明さんの熱演というか怪演が面白かったです。
舞台はSHINCONでの劇団「欅」と、京都での企画「コルム」のステージと二度観てますが(「欅」の時は本当に裸の女性が舞台を走り回って驚きました)、映画版はまた違う面白さです。
筒井さんの犬神博士の怪演ぶりもすごかった。
ちなみに「コルム」の舞台では、「隠密剣士」「赤かげ」の牧冬吉さんが犬神博士でした。
よくぞDVDにしてくれたものです。
by 山本孝一 (2013-09-16 17:46) 

尾川健

三百人劇場でのパンフレット、珍しいと思います。
横長の変形版で余り古書店市場にも出て来ないような。
写真も多いし、対談もあるし、初演ですし。

高井さんのSHINCONパンフレットも相当お宝だと
思いますが…。
by 尾川健 (2013-09-16 17:53) 

高井 信

 山本さん。
>坂田明さんの熱演というか怪演が面白かったです。
 山下洋輔さんもステキでしたし、最後の南伸坊さんにはびっくり(笑)。俳優が本職ではない方々の演技が光っているのは、『俗物図鑑』も同様ですね。
 山本さんも舞台をご覧になっているとは羨ましいです。
>(「欅」の時は本当に裸の女性が舞台を走り回って驚きました)、
 うへえ(笑)。

 尾川くん、さっそくありがとうございます。
>三百人劇場でのパンフレット、珍しいと思います。
 やっぱり。
 だそうですよ。>海野さん
>高井さんのSHINCONパンフレットも相当お宝だと
>思いますが…。
 ありゃ、嬉しい。
 でも、これは持っている方が多いと思いますよ。発行部数も多そうですし。
by 高井 信 (2013-09-16 19:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。