So-net無料ブログ作成

【コメントを投稿していただける皆さまへ】

 画像認証の文字がわかりにくくて、申しわけありません。小文字半角の「s」が5つです。お手数かけますが、よろしくお願いします。

 なお、投稿の際には本名にてお願いします。また、初めての方は簡単で構いませんので自己紹介をお願いします。知らない人に話しかける場合、まずは名を名乗り挨拶をするのは社会における常識でありマナーであると考えています。
 管理人の意を汲んでいただけないコメントはスルーさせていただきます。悪しからずご了承ください。
 もちろん、私の友人の方々はご自由に。挨拶なんて不要ですし、私が把握していれば、どんな名前でも構いません。
前の20件 | -

映画『盲目ガンマン』


 映画『盲目ガンマン』を観ました。1971年のイタリア映画――いわゆるマカロニ・ウエスタンの1本です。
 先日観た『ブラインド・フューリー』の主人公は盲目の剣士でしたが、こちらは盲目のガンマン。剣を使うのでも無理があるのに、それが銃となると……。まあ、それを言っちゃおしまいですね。そういうもんだと割り切ってしまえば、けっこう楽しめました。いやしかし、『座頭市』というのはとんでもない傑作だなあと思ってみたり。
コメント(0) 

「SFハガジン」第91号

「SFハガジン」第91号を発行しました。今号は深田亨さんの「対策・その二」です。「その二」といっても「対策」(89号掲載)と関係があるわけではないのですが、まあ、あまり間をあけないほうがよかろうと。(短めの作品ですから、おまけに拙ザコを1匹掲載しました)
 今日か明日、発送いたします。
コメント(1) 

映画『エスパー・リーグ』


 映画『エスパー・リーグ』を観ました。超能力バトルものです。ストーリー的にはあれこれ言いたいことはありますし、超能力の設定もよくわかりませんけれど、超能力者同士の戦いを観ているだけで楽しい。お勧めはできませんが、私は好きです。
コメント(0) 

映画『西遊記2 妖怪の逆襲』


 映画『西遊記2 妖怪の逆襲』を観ました。『西遊記 はじまりのはじまりの続編です。
 前作では三蔵法師と孫悟空、猪八戒 沙悟浄の出会いが描かれました。今回、4人は妖怪退治の旅に出ます。ようやく『西遊記』本番ですね。革新的な紅孩児といい、いきなりキングコング化する悟空といい、いやもう、やりたい放題。正体を現す前の九頭の犬鷲のキャラクター、好きだなあ。
 前作のような『西遊記』の常識をぶちこわすような面白さはありませんが、お笑いとアクションが絶妙に融合されていることは変わりなし。こんなの好きですね。ええ、楽しめました。
 このシリーズ、まだまだ追いかけます。
コメント(0) 

映画『エイリアン:コヴェナント』


 映画『エイリアン:コヴェナント』を観ました。『プロメテウス』の続編です。
『プロメテウス』は面白いことは面白いけれど、『エイリアン』シリーズと認めるには……という感じでした。しかし『エイリアン:コヴェナント』は――おお! これぞ『エイリアン』シリーズ! やっぱ、こうじゃないとね(嬉)。
 いやあ、面白かった!
 この終わり方ですと、当然のことながら第3作に期待が膨らむ……のですが、続編の製作は中止という情報もあり、不安です。
コメント(0) 

マンガ『ベッドの中の他人』

 2013年5月27日の記事『ベッドの中の他人』に以下のように書きました。
>ちょっと調べて、中山乃梨子・夏樹静子『ベッドの中の他人』宙出版・エメラルドコミックス(00)という本があることを知りました。どうやら夏樹静子の原作をマンガ化した作品集のようです。機会があれば読んでみたいと思います。
 ふっと、この本のことを思い出しました。
 どっかの古本屋で見かけたら買おうと思っていましたが、あれから5年近くが経過し、いまだ入手できず。リアル古書店で見かけるのを待っていたら、いつになるかわかりません。リアル古書店で買うのは諦め、ネット古書店で購入してしまいました。
ベッドの中の他人.jpg 軟弱者であります(笑)。

◎原作・夏樹静子/中山乃梨子・おおの藻梨似・梶山直美・倉田江美『ベッドの中の他人』宙出版・エメラルドコミックス(00)
 全5編収録。5冊の短編集から各1編を選んでマンガ化。『ベッドの中の他人』に収録されている作品のマンガ化作品集と思っていましたが、違ったのですね。『ベッドの中の他人』からは表題作1編だけで、残りの4編はほかの短編集から。現物確認、大切です。

コメント(0) 

映画『シン・シティ 復讐の女神』


 映画『シン・シティ 復讐の女神』を観ました。『シン・シティ』の続編です。
『シン・シティ』を勧めてくれた立原透耶さんからはイマイチ的な話を聞いていましたが、いやいや、これも充分に面白い――否、すさまじい。
 なんと言っても、マーヴとミホですね。すさまじいなんて言葉では表せないくらい、すさまじい。
 無法地帯&無法者たちを満喫させてもらいました。
コメント(0) 

「民話」

「民話」なるショートショートの抜き刷りが出てきました。
 もう40年近く前になりますか。知人の知人がミニコミ誌を出すとかで、知人に「ショートショートを書いて」と頼まれました。ほいよ、と執筆。しばらくして掲載誌をいただいたのですが、ちょっとしたら「回収することになった」と。わけがわかりませんが、発行者が回収するというのであれば仕方がありません。お返ししました。
 経緯は忘れましたけれど、何か交渉をしたのでしょうね。拙作掲載ページの抜き刷りだけが手元に残っている次第です。
 ミニコミ誌の誌名も全く覚えていません。あれはいったいなんだったんでしょうね。
 あ、風雅誠というのは当時の私のペンネーム(のひとつ)です。
民話.jpg
コメント(1) 

「手話で読む星新一のショートショート」

「目で聴くテレビ」では月に一度、星新一のショートショートを手話朗読しています。視聴できるのはCS放送、京都放送、テレビ神奈川、行田ケーブルテレビ、伊賀上野ケーブルテレビとのことで、私は観ることができないのですが、おお、京都放送があるではないですか。京都在住の山本孝一さんに代理録画をお願いしておいたところ、第5回までの放送分を送ってくれました。山本さん、ありがとうございます。
 いま、第1話「約束」を視聴。手話とともに音声による朗読、それに文字も流れます。
 何より、手話朗読者の表情や動きの豊かさに驚きました。素晴らしいと思います。ただ一点、言わせてもらえれば、
>今日お伝えしたお話は新潮文庫から出されている星新一の最初の本「ボッコちゃん」に収められている作品です
 という解説はいただけません。「最初の」(←事実誤認)なんて入れる必要はないと思うんですけどねえ。
コメント(0) 

『ゴースト・ハンターズ完全読本』ほか

 行きつけの書店(ちくさ正文館書店本店)に行ってきました。ここ1ヶ月ほど引きこもり生活をしていた(正確に言うと、ゆえあって外出を控えていた)ので、この店に行くのも久しぶりです。
◎尾之上浩司編著『ゴースト・ハンターズ完全読本』洋泉社(18)
 TVドラマ『事件記者コルチャック』を中心とした解説本。某SNS界隈で話題になっていたのですが、実は私、『事件記者コルチャック』を観たことがなく、そのなかにはいれませんでした。しか~~~~し! 本を手に取り、目次を見た途端、私は心のなかで歓喜の声を上げました。
 全5章のうち(第2章まではともかく)、第3章はジェームズ・ハーバート(→この記事この記事参照)、第4章は『丘の屋敷』や『地獄の家』(→この記事この記事参照)、第5章は『ソロモン・ケーン』(→この記事参照)。私の大好物どっさりではありませんか。
 買う~~~~~!
◎山本弘『あなたの知らない「レトロ特撮」の素晴らしき世界』洋泉社(17)
 こんな本が出ていたとは知りませんでした。『あなたの知らないマイナー特撮の世界』心はいつも15才(15)の改稿版かな。
ゴースト・ハンターズ完全読本.jpg あなたの知らない「レトロ特撮」の素晴らしき世界.jpg
 星マリナ編/小金井喜美子『泡沫(みなわ)の歌 森鷗外と星新一をつなぐひとホシヅル文庫(18)は2箇所に平積みされていました。
泡沫の歌.jpg
コメント(0) 

アンディ・ライリー

 先日、アンディ・ライリーの本を買いました(→この記事)。とっても私好みのヒトコママンガ集です。
 ほかにも2冊が訳出されているとわかり、買いました。
◎アンディ・ライリー『たぶん最期の自殺うさぎの本』青山出版社(12)
◎アンディ・ライリー『うざい発明』青山出版社(09)
たぶん最期の自殺うさぎの本.jpg うざい発明.jpg
 のんびりと楽しませてもらいます。
コメント(0) 

大昔のアイデア・ノート

 記事「TVドラマ『吸血キラー 聖少女バフィー』」のコメント欄に、昨夜、以下のように書きました。
> 第11話まで観ました。第11話:影の薄い女子が皆から存在していないような扱いを受け、結果、透明人間になってしまいます。自分を無視し続けた教師やクラスメートに復讐を……。こういう話、好きですねえ。
> 似たようなアイデアの短編かショートショートを書いたことがあるような気がしますが、気のせいかも(笑)。
 一夜明け、それが無性に気になってきました。
 大昔に書いたような気がするだけで、具体的には何も思い出せず。ふと思いついて、大昔のアイデア・ノートを眺めてみましたら――
アイデア・ノート.JPG
 ああ、これですね、きっと。バッテンをつけているところを見ると、どうやら作品化しているようです。しかし、どんな作品を書いたのかとなると、さっぱり思い出せません。1980年代前半に書いたものであろうことは間違いないと思うのですが……。
 久しぶりに眺めた大昔のアイデア・ノート。バッテンのついていないアイデアも多数あります。いくつかは使えそうなものも……。
コメント(0) 

TVドラマ『吸血キラー 聖少女バフィー』

 新しめの――といっても最近20年くらいの話(笑)――アメリカTVドラマってほとんど観ていなかったのですが、昨年11月に観始めた『ミュータントX』で一気に燃え上がってしまいました。『テラノバ』『ダーク・エンジェル』 『アルファズ』と続いて、今夜から『吸血キラー 聖少女バフィー』を観ることにしました。
 私好みに違いないと確信しております。

コメント(4) 

ラジオドラマ『カーミラ』

 わ。NHK-FM『青春アドベンチャー』、来月のラインナップに『カーミラ』が! ええ、レ・ファニュのカーミラです。(詳しくは番組サイトを)
 これは楽しみ!
 以上、自分用のメモでした。
コメント(0) 

映画『ブラインド・フューリー』

ブラインド・フューリー.jpg 映画『ブラインド・フューリー』を観ました。1989年のアメリカ映画です。
 ベトナム戦争で失明したアメリカ軍人が助けられた村で剣の修行をし、20年後、アメリカに戻ります。窮地に立っていた旧友を救うため、その剣技が冴えまくる。――アメリカ版『座頭市』です。
 殺陣の迫力は本家に劣りますけれど、銃を持った悪人たちに仕込み杖1本で対抗するんですから、天晴れ! であります。期待以上に楽しめました。
コメント(0) 

『百万光年のちょっと先』

百万光年のちょっと先.jpg 古橋秀之『百万光年のちょっと先』集英社(18)を買いました。見た目、全くそうは見えませんけれど(笑)、ショートショート集です。全48編収録。
 発売予定を知ったときから、手に取るのを楽しみにしていました。わくわく。

【追記】
 中身も見ないで記事を書いちゃったんですが、いま、ぱらぱらっと眺めてみたら、なんと、各作品の冒頭はすべて(かどうかは未確認だけど)「百万光年のちょっと先、今よりほんの三秒むかし」で始まってる!
 うわあ、『ノックの音が』ではないですか(興奮)。
コメント(0) 

映画『空想天国』

 映画『空想天国』を観ました。1968年の作品。
 空想癖のある男が主人公のドタバタ・コメディ映画で、主人公は谷啓が演じています。
 空想癖のある男が主人公の映画といえば、『虹を掴む男』(1947年)を思い出します。主演はダニー・ケイ。谷啓の芸名がダニー・ケイから来ていることは有名な話です。
 で、言うまでもありませんが、『虹を掴む男』の原作はジェイムズ・サーバーのショートショートです。(→この記事参照)
 いやもう、それだけでも観る価値はありますし、それが面白いとなれば言うことがありません。
 私としては『虹を掴む男』よりも『空想天国』のほうが好きですね。観て、よかったです。
コメント(0) 

『0課の女』

 篠原とおる『0課の女』は数多く映像化されています。ウィキペディアによりますと――

◆劇場公開作品
0課の女 赤い手錠 (1974年)
Zero WOMAN 警視庁0課の女 (1995年)
Zero WOMAN R 警視庁0課の女/欲望の代償 (2007年)
◆新Zero WOMANシリーズ(オリジナルビデオ)
Zero WOMAN II 警視庁0課の女 (1995年)
Zero WOMAN III 警視庁0課の女 (1996年)
Zero WOMAN 名前のない女 (1996年)
Zero WOMAN 消せない記憶 (1997年)
Zero WOMAN 危ない遊戯 (1998年)
Zero WOMAN 最後の指令 (1998年)
新Zero WOMAN 0課の女再び… (2004年)

 全部観ているのですが、原作(マンガ)は読んだことがありません。
 1ヶ月ほど前、ぶ厚いコンビニコミックが発売されているのに気づきました。調べて、全6巻と判明(リイド社/2017年)。これはお手頃と購入し、ぼちぼちと読み進めています(現在、第4巻まで)。
 篠原とおるのマンガといえば、だいぶ前に『さそり』を読みました(→この記事)。どちらかといえば『さそり』のほうが私好みですが、『0課の女』も充分に面白いです。こうなると、『82(ワニ)分署』(→この記事)も読みたくなってくるなあ。まあ、またいずれ。
0課の女.jpg
コメント(1) 

映画『シン・シティ』

『ダーク・エンジェル』、面白いなあ。主演のジェシカ・アルバ、いいなあ。ほかにどんな映画に出てるんだろ。え? 『ファンタスティック・フォー』の透明ねーちゃんもそうだったの? すっかり忘れてた。
 なんてことを某所で呟いておりましたら、立原透耶さんが「ジェシカ・アルバ出演の映画なら『シン・シティ』がお勧め」と教えてくれました。調べてみますと、ロバート・ロドリゲスやクエンティン・タランティーノが関係していて、めちゃ面白そう。観なきゃ!
 ということで、観ました。

 うほほ~、面白い! というより、すっごい! とんでもない! いやあ、こんな映画があったとは……。
 ハードボイルド? ノワール? SFやホラーの要素もあるし……。いやいや、そういったジャンル分けを超越していますね、この映画は。
 面白かった――否、すさまじかったです。
 立原さん、ありがとうございます。もう1本のお勧め映画(ジェシカ・アルバ関係ないけど)は明日か明後日に観るつもりです。
シン・シティ.jpg
コメント(2) 

『ボクの婚約者』

 しばらく前から読んでいた弓月光『ボクの婚約者(フィアンセ)(全7巻)』ジャンプ・コミックス(83~87)を読み終えました。ラブコメなんですが、『愛と誠』(←大好き)を意識しているに違いないオープニングに始まり、途中からSF(人浦先生登場!)になったりして、これぞ弓月光! 面白かったです。
 この作品はTVドラマ化もされていて、いずれ観ようと思っていますけど、その前に観る予定のDVDが山のようにあるので、いつになるやら。まずは『アルファズ』を最後まで観ます。
ボクの婚約者.jpg ボクの婚約者(DVD).jpg
コメント(0) 
前の20件 | -